2009年12月5日

勝間和代ファンにはオススメ - 読書進化論

フレームワークといえばこの人、勝間和代氏の読書法、ではない。

「読む」だけではなく「書く」「売る」まで含めた読書にまつわるエッセイといった趣。

勝間ファン必見! そうじゃない人は無視してOK!



勝間仲間(カツマー)のための本

著者の本がどのように売れてきたか、そもそもどうして本を書くようになったのか、などなど、勝間ファンには必見の充実した内容。

…であるが、特に勝間和代に思い入れのない人には、「ふ〜ん、そうですか」という感じ。

なんか1冊売れて有名になっちゃえばこういうヌルい本を出してもいいんだ、いいなあ、儲かってるんだろうなあ、などと思わずにはいられません。

しかもよく見たらこの本、小学館101新書のNo.001。小学館が新書シリーズを始めるにあたりトップバッターに選んだのがこの本ということ。この本で良かったの?

どういう風に本を読めばいいのか知りたい、という人にはレバレッジ・リーディングのほうがオススメです。

関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿