2009年10月29日

Sony Bravia にPC / Mac をHDMI接続するときの設定

はじめてのMac

Mac miniをTVにつなげてみました。

ちなみに家のTVはソニーのBRAVIA KDL-40F1。去年の春モデルで、年末に安くなってたところを買いました。現在はノートPCをアナログRGBで接続して使ってます。

Mac miniは、付属してたMini DVI − DVIアダプタとHDMI - DVIケーブルでTVのHDMI端子に接続。

高鳴る胸の鼓動を押さえて電源スイッチを押すとWelcome動画が!
ああ、なんとなくWindowsのノリとは違う…などと感じながら各種設定を入力。Magic MouseとWireless Keyboardがまだ届いてないので、ひとまずUSBマウスとキーボードを使います。

…と、メールアドレスを入力するところで問題発生。@(アットマーク)が入力できません。Pの右隣のキーを叩いても@が出てきません。USBキーボードがJISで認識されてなかったようです。英語キーボード仕様のShift + "2"で@が出てきました。

その他、ネットワークの設定などは待ち時間も少なく、無事に完了。

Macの美しさを実感…のはずが

Macの売りの一つは、美しいフォント。評判の美しさはどんなもんじゃい、とばかりに、とりあえずSafariを立ち上げ。

…あれ?
美しくないよ?

滲んでます。文字の周りがザラザラです。率直に言って、汚いです。今まで使ってたWindows Vistaのほうがよっぽどマシです。

Good Bye 滲み

こんなはずはない、と、システム環境設定なんかを見ていじくってみますが、変化なし。

なんだよ、ジョブズ…
がっかりだよ、ジョブズ…

ジョブズにひとしきり失望したところで気付きました。

問題はMac miniではなくTVの設定だと。

TVの設定は、動画を見るときに一番きれいになるようにあらかじめ設定されています。今までもPCをTVに接続していたんですが、アナログRGB(PC入力)端子に接続していたので、あらかじめPCに最適化された設定(PCモード)になっていました。なので、PCをつなげても問題なくきれいに使えてたわけです。しかし、今回のMac miniはHDMI端子に接続したので、PC用の設定になっていません。文字が滲んでたのはこのせいです。

ということで、TV側の画質設定を変更します。なお、以下はソニーのBRAVIA KDL-40F1での設定です。ソニーのTVであればほとんど同じだと思いますが、ほかのメーカーだと設定項目の名前等が違うので参考程度に。

リモコンの「オプション」から「画質」を選んでモードの切り替えをします…が、ここでまた問題発生。

アナログRGB接続だと「PCモード」というのがあったのに、HDMIで接続すると選べるのは「スタンダード/ダイナミック/シネマ」のみ。どのモードにしても文字の滲みは収まりません。シャープネスをoffにするととりあえず滲みは低減しますが、写真なんかを表示させると黒がつぶれてたり、何となくおかしい。

アナログRGB接続じゃないとPCはきれいに表示できないのかよ…
なんでこんな仕様にしたんだよ、ソニー…

ソニーにひとしきり悪態をつきながら、リモコンの「ホーム」を押すと表示されるXMB(クロスメディアバー)の一番右にある「設定」のところを見直していると、見つけました。

「設定」の中の「外部入出力設定」>「HDMI PC接続選択」を選びます。ここでPC / MacをつないでいるHDMI端子を「PC」に設定します。これでバッチリです。選択したHDMI端子が「PCモード」に設定されます。文字もくっきり、写真も鮮やかです。なお、「PCモード」の場合もリモコンの「オプション」から「画質」を選ぶと、いくつかの項目を設定できます。好みもありますが、「色温度」は低めの方が目に優しいと思います。

ちなみに、「PCモード」にすると、2画面表示にした場合、PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)表示になります。画面が左右に分割されるサイド・バイ・サイド表示ではなく、PCの画面の中に小画面でデジタル放送が表示されるタイプで、個人的にかなり重宝してます。オススメです。これからTVを買う予定で、PC / Macをつなげて使うつもりの人は、PinPが可能かどうか店頭で調べてから買うといいと思います。


バッチリ設定されたTVで体験するMacは確かにきれいでした。
Windowsに慣れきった身には、いろいろと使い方がわからないところも多いですが、まあ、そのへんはおいおい。

2009年10月28日

ヨドバシから届いたのはMac mini

Good Bye PC!

…というわけではないですが、早業のヨドバシさんから届いたのは、コイツです。

Mac miniです。衝動的に買ってしまいました。

結局ヨドバシからは15時に配達されてました。23時に注文、翌日15時到着。やっぱりかなり速い。見直したよ、ヨドバシ。

第一印象は、小さい!ということ。そもそも梱包されていた段ボールが小さい。小さめの宅配ボックスにも余裕で入るぐらい。

時間がなくて箱から出してもないですが、TVにつなげて使う予定。Good Bye PC、というわけではなく、WinPCと並行して使うつもりです。使ってみて使いやすい方をメインにする感じで。

APPLE Mac mini 2.53GHz 4GB 320GB MC239J/A
アップル (2009-10-21)
売り上げランキング: 4660

2009年10月27日

ヨドバシドットコムがはやい!

速いし早い!

オンラインショッピングは危険だ。欲しい!と思った気分が落ち着く前に、ポチっとマウスをクリックするだけでいつでも注文できてしまう。

昨日の夜もヨドバシドットコムで衝動的にポチってしまいました。8万円もするものを…

何を買ったかはまた書くとして、驚いたのはヨドバシドットコムの速さと早さ。

注文したのが昨日の23:31。
で、出荷しましたメールが来たのが今朝の5:30。

速いよ!早いよ!
注文から出荷までのスピードも速いけど、早朝にさっそく出荷メールが来たのも驚き。Amazonのお急ぎ便にも負けないぐらい。

便利になったことはもちろん大歓迎だけど、その裏で24時間体制で働いている人たちは大変なんだろうな、という思いも。

思い出すのがこのビデオ。



初めて見た時は、説教臭えな、と思ったもんですが、100円ショップに行ったりするとふと思い出してしまうビデオです。

皆様ありがとう。
お疲れ様です。

iPhone用にBluetoothレシーバー「HBH-DS205 (Sony Ericsson)」を買った

この支配からの卒業

iPhoneを買って以来、充実したiPhone lifeをEnjoyしているワタシですが、唯一不満なことがあります。

イヤホンのコードです。自由な動きを阻害する邪魔くさい鎖です。

電車の中で音楽を聴きつつSafariなんかをいじくってると、だるーんとなったコードが周りの人のカバンに引っかかったりして、非常にイライラします。あまりにも邪魔なんでしばらくiPhoneで音楽を聞いてませんでした。

最近は街中でもiPhoneを持ってる人をよく見るようになりましたが、イヤホンをつなげていない人は結構多いような気がします。iPhoneでは音楽を聴かない人、iPhoneをiPodとして使用してない人は意外と多いんじゃないでしょうか。

それはきっと邪魔くさいコードのせい。
少なくとも自分はそうでした。

そんな僕を支配から解放してくれたのはコイツ。
Bluetoothレシーバー「HBH-DS205 (Sony Ericsson)」。
SONY ワイヤレスヘッドセット DS205 HBH-DS205
ソニー
売り上げランキング: 643


HBH-DS205に辿りつくまで

そういやiPhoneはBluetoothもつながるんだからwirelessのイヤホン使えばいいじゃん、と思って最初に探したのはイヤホン一体型のもの。やっぱり耳につけるだけっていうのは魅力的です。
たとえばこんなの。
アドテック Bluetoothヘッドフォンタイプ AD-MS500JABRA Bluetoothステレオヘッドフォン BT620S

イヤホン一体型の問題はサイズ。どうしてもBluetoothの受信部が必要なのでサイズは大きめ。ネックバンド式のものはデザイン的にあまり大きさが気にならないものもありましたが、そもそも個人的にネックバンド式があんまり好きじゃないのでパス。

イヤホン一体型をあきらめ、レシーバータイプを探すことに。

ちなみに、ヨドバシカメラやビックカメラみたいな電器屋では、Bluetoothイヤホンは、イヤホン/ヘッドホン売り場より携帯アクセサリ売り場に置いてあることが多いです。探す時にはご注意を。

どうにもいまいちなデザインが多いBluetoothレシーバーが並ぶ中、比較的シンプルなデザインでサイズもコンパクトにまとまっていたのがHBH-DS205。ソニエリ製です。

これだ!

値段はヨドバシで9,900円。Amazonでも7,000円ちょっと。結構高め。


使い心地は上々

簡単なレビューを。

iPhoneとの接続はカンタン。

まずHBH-DS205の底にあるペアリングボタン(?)を長押しして、接続待ち状態に。

続いてiPhone側の設定。設定 > 一般 > Bluetooth からBluetoothをオンにすると、PINコードの入力画面になります。HBH-DS205のPINコード「0000」を入力。以上。カンタンです。

なお、PINコードの入力は初回だけで、2回目からはありません。

一応イヤホンは付属してますが、付け替え可能なので、愛用イヤホンもそのまま使用可能。HBH-DS205本体にクリップが付いてるのでポケットなどにサクッとつければ、邪魔になりません。iPod shufleみたいな感じです。iPhone本体を振り回しても全然問題なし。wireless!

ノイズは全く気になりません。音質も上々だと思います。

再生/停止、音量調節はHBH-DS205の操作で可能。早送り/戻しはできません。イヤホンジャックの横にマイクが付いてるので通話もできるようですが、自分は使ってないのでよく分かりません。スミマセン。

心配だった電池の持ちも個人的には問題なし。

まずはHBH-DS205自体の電池。通勤時間30分 × 2(往復) × 5(月~金) = 5時間ぐらい使って、電池メモリが3/3→1/3に減少。カタログスペックは8時間なんで、まあ大差ない感じでしょうか。

iPhoneの方も問題なし。Bluetoothなんて使うとどんどん電池が無くなっていきそうなイメージでしたが、1時間音楽聴くだけの使用で電池残量 100% → 94%。個人的にはあんまり気にする減り具合ではないと思います。ちなみに、ざっくりとした印象だと、iPhoneの電池消費が激しいのはwifi使用時と内蔵スピーカー使用時。


iPhoneでwireless音楽生活を楽しみたい方には、かなりのオススメです。ぜひ。
SONY ワイヤレスヘッドセット DS205 HBH-DS205
ソニー
売り上げランキング: 643

2009年10月25日

本気であれ - 村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

きっかけはEvernote

使ってますか、Evernote。
人々の永遠の憧れ、「情報の一元管理」を実現するためのツール、Evernote。

僕は使ってます。
使ってますが、使いこなせてません。使い尽くしてません。

なぜか。

英語ができないから。

Evernote の素晴らしさは単純なウェブクリップだけでなく、iPhoneカメラとの連携で現実世界のメモや書籍もクリップできる、というところにある。しかし、現在のところ、英字に対するOCR(Optical Character Recognition)しか対応していないため、日本語のメモなんかをパシャリと撮ってクリップしても、検索に引っかからない。これは悲しい。悲しいし、Evernoteの素晴らしさの大部分を使えていない気がする。

では、Evernoteを使いこなすには、使い尽くすにはどうすればいいのか。

英語ができるようになればいい。

英語でメモできるように、洋書をそのまま読めるようになればいい。

使える英語を、本気で身につける
で、手に取ってみたのがこの本。

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
村上 憲郎
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1704


今まで何度も英語を身につけようと思いながら途中で挫折してきた、iKnowも2週間ぐらいで面倒臭くなってほったらかしにしたままの自分が、何となくこの本を選んだのは、サブタイトルに惹かれたから。

使える英語を、本気で身につける―

そうだ、足りなかったのは「本気」なんだ。身につけたかったのは「使える英語」だったんだ。


著者は、前Google日本法人社長の村上憲郎氏。英語を身につけたのは30代になってから、という村上氏が主張するのは、
英語の勉強は自転車に乗る練習とおなじ。鍛えるのは、英語を使いこなすための筋力であり、知力ではありません。英語は語学ではなく、"語力"なんです。
ということ。

紹介する勉強法も、300万語読む、毎日1万語を眺める、1000時間聴く、というように、まさに筋トレ的なもの。学ぶ、というより、鍛える、といった感じ。

必要なのは「本気」。


Prologueでは、今の時代、英語ができないことがどれぐらいヤバいことかを説明している。いくつか例が提示されて、ああ、英語勉強しないと、という思いにさせられる熱い文章なので、是非読んでいただきたいが、中でも心に響いたのが次の部分。
英語が出来ない、英語を身につけようとしないことのエクスキューズが「追い詰められた状況にならないから」というのは、今の時代、もう通用しないと思ってください。これからはそんなことは言っていられません。

21世紀を生き抜きたいと思っている人、特にこれからの若い人は、英語ができないと何もできません。今現在、英語ができないということ自体、すでに追い詰められている状態なのです。
響いた。これは響いた。
21世紀を生き抜きたいと思っている人
ただ単に21世紀を生きていく人にとっては、英語なんて特に必要ないのだろう。ただし、生き抜きたいのなら英語が必要。
英語ができないと何もできません
別に何もしたくない人にとっては、英語なんて必要ないのだろう。ただし、何かをやってやろうというのなら英語が必要。

スケールは小さいが、Evernoteに対しても同じことだ。単純にEvernoteを使うだけだったら、英語なんて必要ない。ただし、使い尽くそうと思うのなら、英語が必要。


今度こそ、英語をモノにしてやろうと思う。
そのために必要なのは、「本気」。

村上式英語勉強法、5つのアプローチ

村上式英語勉強法の5つのアプローチは以下の通り。ちなみに、特に順番があるわけではなく、5つすべて同時に、一気呵成にやった方が、結果的に効率は良い、とのこと。
  1. 英語を読む

  2. 単語を覚える

  3. 英語を聴く
  4. 英語を書く
    • ゴールイメージ
      • ビジネスでとりあえず通用すればいい。
    • そのためにすること
      • 「英借文」とブラインドタッチを身につけること。
    • おすすめ教材
  5. 英語を話す