2009年8月13日

Google CalendarとiPod touch / iPhoneのカレンダーを同期![Google Sync]

iPhoneのカレンダーは何と同期させるべきか

outlookの予定表との同期はiTunesから簡単にできるiPhoneのカレンダー。

普段からoutlookを使ってる人にとってはそれで特に問題ないだろう。
が、outlookの予定表なんて使ってねえよ、俺が使ってるのはGoogle Calendarだよ、という人にとっては問題大アリ。

ToDoリストだろうが予定表だろうが一元管理できないものは非常に使いにくいわけです。

そもそも常にネットワークにつながっているのがiPhoneの売りなのに、予定を同期させるためにはPCとiPhoneを接続しなければならないのは何とかならないの?

と感じている人もいることでしょう。

そんなアナタ(とワタシ)にGoogleさんが用意してくれたのがGoogle Sync。
iPhoneのカレンダーとGoogle Calendarをバッチリ同期してくれます。 しかも、iTunesなんか必要なし。ほっときゃ勝手に同期されてます。

MobileMeは有料だし正直よくわからないので無視。

昔のblogに設定方法を書いていたので再掲。

Google Sync設定方法

なお、

Google Syncはモバイル端末の予定データとアドレス帳をすべてGoogle Calendar/Gmailのデータで置き換えてしまう。そこで,Googleは重要なデータはバックアップしてから利用するよう呼びかけている。

引用元

ということなので、そこら辺はご注意を。

まずはiPod touch / iPhone側の設定。

設定 -> メール/連絡先/カレンダー -> アカウントを追加 -> Microsoft Exchange

を選択。Exchangeアカウント情報の入力画面に。

『メール』にメールアドレス
『ドメイン』はブランクのまま
『ユーザ名』にGoogleアカウントのメールアドレス
『パスワード』にGoogleアカウントのパスワード
『説明』に任意の名前

を入力して『次へ』。
「証明書を検証できません」と表示を気にせず『了解』をタップ。
再び、Exchangeアカウント情報の入力画面になるので、

『サーバ』に「m.google.com」

と入力して『次へ』をタップ。
『カレンダー』を「オン」にして『完了』。最後に警告が出るので問題無ければ『同期』をタップ。『連絡先』も同期させたければ『連絡先』も「オン」。

これで、とりあえずGoogle CalendarとiPod touch / iPhoneのカレンダーを同期できる…が、このままだとマイカレンダーの一番上のカレンダーしか同期されない。ということで、今度はWeb上でGoogle Syncの設定。

Safariからhttp://m.google.com/syncにアクセス。

「ご使用の端末はサポートされていません」と表示されても、ビックリしないで『言語を変更』をタップ。

それから、

『English』 -> ログイン -> 『iPod』 -> 『Shared Calendars』の項目で同期するカレンダーにチェック -> 『Save』

で、終了。日本語もちゃんと表示される。

関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿