2009年6月14日

Sigur Ros @ 新木場Studio Coast 08/10/25

Med Sud I Eyrum Vid Spilum EndalaustSigur RosAgatis Byrjun

シガー・ロス!


出身地アイスランドが破綻しかかってる中やって来てくれたSigur Ros。お疲れ様です。
東京の端っこ、新木場スタジオコーストにて。

1曲目はSvefn-G-Englar。
弓でギターを弾くヨンシー。写真とかでは見たことあったけど、生で見ると、というか、生で聴くとスゴイ。

次はGlosoli。
Videoで言うと男の子が太鼓を捨てて走り出すところ、最高。

3曲目はNy batteri。
世界の終わりに聴きたい曲第2位。(ちなみに第1位はFour TetのMy Angel Rocks Back And Forth
昔を思い出す。

どうもヨンシーの調子が良くない様子。途中何度も咳き込んでる。喉だけじゃなく全体的に体調が悪そう。なんかフラフラしてる。

ここからは新譜の曲が中心。プラス、Hoppipolla、Saglopur。

新譜はどうもSigur Rosっぽくない感じがして、正直あまり聴きこんでなかったけど、生で聴くとSigur Ros以外の何物でもない。当たり前っちゃ当り前か。
どうもSigur Rosというとモノクロというか少ない色で描かれた絵画のようなイメージがあったけど、Inni mer syngur vitleysingurみたいにカラフルな(スクリーンに写される映像もカラフル!)感じの曲もやはりSigur RosはSigur Rosだった。

Hoppipolla、Saglopurはやはり名曲。ヨンシーの声がイマイチ出てないのが惜しい。

Saglopurのはじめの部分、メンバー4人が集まって演奏し始めるところがなんか可愛かった。
肩を寄せ合ってる感じが。


終盤。

ヨンシー「次の曲はみんなの手拍子が必要だ。Are you ready?」

始まったのはGobbledigook。
至福!
途中カラフルな紙吹雪がステージ両サイドからバンドが見えなくなるぐらい大量に噴射。記念に二枚ほど持って帰ってきた。

アンコールは()の8曲目。Popplagid。
()の最後を飾るだけあって、大トリにふさわしい名曲。ドラムが激しくなってくるあたりからはもう圧巻。ヨンシーはかなりつらそうだったけど、なんとか歌いきった。


Popplagidが終ってもアンコールを求める客席の拍手は止まない。
メンバー4人が出てきてカーテンコール。
終了。


18:20ぐらいに始まって、終わったのが19:40ぐらい。
客の外国人さんが手に入れたセットリストによると本当はHafsolとAll Alrightをやる予定だったそう。やっぱりヨンシーの体調が悪かったから?ちょっと短いと思ったけど、まあしょうがないか。

本調子のライブもいつか見てみたい。

セットリスト

01.Svefn-G-Englar
02.Glosoli
03.Ny batteri
04.Fljotavik
05.Vid Spilum Endalaust
06.Hoppipolla
07.Meo Blodnasir
08.Inni mer syngur vitleysingur
09.Saglopur
10.Festival
11.Gobbledigook

12.Untitled 8 (Popplagid)

Med Sud I Eyrum Vid Spilum EndalaustSigur RosAgatis Byrjun

関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿