2009年5月31日

マネジメントと組織

今日で5月も終わり。
明日6月から自分の勤めている会社で組織変更がある。

もともと組織変更の多い会社ではあるが、トップが変わったり何やらかんやらで、最近は2か月おきぐらいのペースで、課や部、さらにその上の組織の名前が変わっている。

マネージャー、というか役員クラスの偉い人はすぐ組織を変えたがる。自分の任期のうちに何かやったという結果を残したいのだろうか。役員ぐらいになっちゃうと組織をいじるぐらいしかやることがないのかもしれない。

組織系統はトップの思想を表したもの(であるべき)だし、適切な人材を適切なポジションに配置することこそがマネジメントの役割だと思うので、変えてもらうのは大いに結構だが、思想、意思のない組織変更は現場に混乱を招くだけだろう。

関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿