2009年5月30日

コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組み

若人にピッタリ

書かれているのは、正直、常識というか当り前のこと。
しばらく(ビジネス)メールのやり取りをしていれば、自然に身につくことばかりだとは思うが、これから会社に入る若者にとっては勉強になることも多いだろう。本当にいまさら聞けないようなQ & Aや気の利いた文例・フレーズ集もついてるのはうれしい。

イライラさせない程度の距離感

気になったのは「追伸」。
「追伸で相手との心理的距離を縮める」、というのはどうなんだろうか。自分はどちらかというと営業される側だが、相手のメールに追伸が入ってても別に何とも思わないし、むしろちょっとイラッとする気がする。
「このまえ紹介していただいたラーメン屋行ってみました!」なんて書かれても、「ああそうですか」ぐらいなもんだろう。もちろん、人それぞれだろうが、あまりやりすぎるのはおそらく逆効果。筆者自身も「追伸は毎回入れるべきではない」、「5回に1回ぐらいで」と書いているので、勘違いして毎回毎回追伸を入れて「なんだコイツ」と思われないように。

ビジネスマナーを身につけるたったひとつの冴えたやりかた

どんな世界でも、上達の一番の近道はモノマネ。電話応対でもメールでも何でも、「これは気が利いてる」、「スマートだ」、と思ったワザをどんどん真似していくのが一番です。

関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿