2009年5月31日

マネジメントと組織

今日で5月も終わり。
明日6月から自分の勤めている会社で組織変更がある。

もともと組織変更の多い会社ではあるが、トップが変わったり何やらかんやらで、最近は2か月おきぐらいのペースで、課や部、さらにその上の組織の名前が変わっている。

マネージャー、というか役員クラスの偉い人はすぐ組織を変えたがる。自分の任期のうちに何かやったという結果を残したいのだろうか。役員ぐらいになっちゃうと組織をいじるぐらいしかやることがないのかもしれない。

組織系統はトップの思想を表したもの(であるべき)だし、適切な人材を適切なポジションに配置することこそがマネジメントの役割だと思うので、変えてもらうのは大いに結構だが、思想、意思のない組織変更は現場に混乱を招くだけだろう。

コンロ、シンクの汚れにはメラミンフォームスポンジ「激落ちくん」!

こいつはすげえや!

テンション高めの出だしですが、久しぶりに感動プロダクツに出会った勢いで書いてるんで、何卒ご容赦ください。何に出会ったかというと…

スポンジ

です。

メラミンフォームのスポンジ

です。

自宅のコンロ周りの油汚れがひどかったので、近くのスーパーで適当に買ったスポンジ。その名も激落ちくん

メラミンフォーム 激落ちくん
激落ち (2005-07-25)
売り上げランキング: 8793

「水だけでスッキリ!」とか書いてあるんで、洗剤付けずに油まみれのコンロをこすってみたら、落ちる!みるみる落ちる!油汚れが激しく落ちる!

これはもう「スポンジ界の革命児」と言っても過言ではありません。ものすごい胡散臭い文章になってますが本当です。本当なんです。信じてください。

こんな具合に、上半期にしてもう「スポンジ・オブ・ザ・イヤー」に決定してもいいんじゃないかと思うぐらい感動しているんですが、一つ注意点が。
メラミンフォームってなんだろな、と思って調べてみると、こんな記事が↓
(メラミンフォームの)原料のメラミンホルムアルデヒドは、両者とも皮膚障害を起こすとされていますが、これらの商品は、様々な検査を受け、全ての規格基準に合格し人体に影響はないと認可済です。

激落ちくんメーカー・レック株式会社によれば、使用後は必ずよく手を洗い、きれいにした物も、消しゴムの様に微量のこすりカスがでるので、よく水で洗い流すか水拭きし、また敏感肌の方や、長時間使用する場合は、ビニール手袋を使用した方がいいそうです。
だそうです。引用元はコチラ。使用の際はご注意を。


メラミンフォーム 激落ちくん
激落ち (2005-07-25)
売り上げランキング: 8793

Gmailで振り分け!

Gmailでメールを自動振り分けする方法

Outlookなんかの普通のメーラーなら付いている、差出人や件名に応じて任意のフォルダにメールを自動で振り分ける機能です。
  1. Gmailのページの右上にある設定」をクリック
  2. 「フィルタ」を選択
  3. 下のほうにある新しいフィルタを作成」をクリック
  4. 「フィルタ条件を指定」する(→差出人や件名などで条件を指定)
  5. 「次のステップ」をクリック
  6. 「受信トレイをスキップ」「ラベルを付ける」にチェック
  7. 「ラベルを付ける」の右側にある選択フォームから新しいラベル」を選択
  8. 新規ラベル名を入力
  9. すでに受信済みのメールも振り分けたい場合は右下にある「フィルタを下記の○スレッドにも適用にチェック
  10. 「フィルタを作成」をクリック

以上です。

左カラムにあるラベル欄に新規に作成したラベルが表示されているので、確認してみてください。

なお、この方法で振り分けを行うと、振り分けられたメールは受信トレイに表示されません。受信トレイにも表示させたい場合は、フィルタ設定で受信トレイをスキップのチェックを外してください。

また、ウェブを検索ボタンの右側にあるフィルタを作成からでも新規のフィルタを作成することが出来ます。

インポート・エクスポートも可能

設定画面の「Labs」にある、「フィルタのインポート/エクスポート」を有効にすると、作成したフィルタのインポート・エクスポートも可能になります。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/05/news088.html

2009年5月30日

ジャーキング

机に突っ伏して寝ているときなんかに、ビクッとして目が覚める現象。
深い眠りに落ちる瞬間に筋肉が硬直することによって起きる。

Googleカレンダーに休日・祝日を表示させる方法

Googleカレンダーに休日・祝日を表示させる方法。

  1. 左側の「他のカレンダー」をクリック
  2. 「追加」 > 「公開カレンダーを追加」
  3. 「一覧から探す」タブの下のほうの「日本の祝日」を「カレンダーに追加」
ついつい祝日を忘れて仕事に行っちゃうドジっ子さんもこれで安心ですね!

メキシコの祝日なんかも表示できるので、地球の裏側ではいまごろ休みだからってダラダラしてる奴がたくさんいるんだな…なんて想像をふくらますことも可能。

Doodle(特別なGoogleロゴ)の日も表示できます。Doodleマニアにはオススメ。

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0609/20/news076.html

Google、買収の歴史

Google10年の歴史より

Deja Usenet を買収、Google グループが誕生


2001年2月12日
初めての買収として Deja.com の Usenet ディスカッション サービスを傘下に収め、1995 年以降の 5 億もの Usenet ディスカッション アーカイブに Google の検索機能とブラウズ機能を追加し、Google グループを開始。

Blogger.com の買収


2003年2月17日
Blogger の生みの親 Pyra Labs 社を買収。
New York Times の記事 (英語のみ)

Picasaの買収


2004年7月13日
GoogleがPicasa社を買収
参考記事

Keyhole 社を買収、Google Earth が誕生


2004年10月27日
Keyhole 社を買収し、同社のデジタル マッピング技術により後に Google Earth が誕生。
プレス リリース (英語のみ)

Urchin 社を買収、Google Analytics が誕生


2005年3月28日
Urchin 社を買収し、同社のウェブ解析技術により後に Google Analytics が誕生。

dMarc 社を買収


2006年1月17日
デジタル ラジオ広告会社 dMarc 社の買収を発表。
プレス リリース (英語のみ)

Writely を買収、Google ドキュメントが誕生


2006年3月9日
Writely サービスの買収を発表。ウェブベースのワープロ アプリケーションは後に Google ドキュメントの基盤となる。

YouTube を買収


2006年10月9日
YouTube 社の買収を発表。
プレス リリース (英語のみ)

JotSpot 社を買収


2006年10月31日
JotSpot 社を買収。JotSpot 社のコラボレート wiki プラットフォームは後に Google サイトとして誕生。Google サイトでは、動画、ドキュメント、カレンダーなどを埋め込んだコラボレーション サイトを作成できる。
Google 公式ブログ (英語のみ)

Postini 社を買収


2007年7月9日
メールセキュリティ企業 Postini 社の買収を発表。
参考記事

DoubleClick 社を買収


2008年3月11日
DoubleClick 社の買収が完了する。

言論を支配せよ ~ロシアにおける政権のメディア支配

テレビ局は国の支配下に

主要テレビ局は、
  • 国営
  • 政府が51%の株式保有
  • 国営企業が過半数の株式保有
ほぼ政府が掌握している。

ローバヤ・ガゼータ

ロシアの反政府系新聞で発行部数は50万部。現在まで3人の記者が死亡。一人はチェチェンに関する追及記事を執筆 → 射殺体で発見。国から100件以上の訴訟を起こされている。

NTV

チェチェン戦争時は政府の大本営発表ではない事実を報道。鋭い政権批判も注目を浴びる。
結果、エリツィンの支持率は急落。しかし、2000年プーチン大統領就任以後、当時のNTVオーナーが横領・詐欺の容疑で逮捕される。釈放の条件として株式を手放させ、過半数が国営企業に。
経営不振を理由に反政府系の経営陣を解雇。オーナーの横領の捜査を理由に記者たちを検察庁で取り調べ。国の意向に沿ったキャスターは出世。退職しインターネットTVを立ち上げる者も。退職した者の多くは報道の第一線から離れることを余儀なくされた。

参考動画;言論を支配せよ NHKスペシャル

言論を支配せよ NHKスペシャル

Googleカレンダー をエクスポート

カレンダー設定 > カレンダー > マイカレンダーをエクスポート

大いなる陰謀

イラク、アフガニスタン戦争をテーマにした作品。3つの舞台からなる。

1.上院議員(トム・クルーズ)と記者(メリル・ストリープ)のインタビュー
議員が、アフガニスタンで新作戦を展開するという話を記者にする。
独占スクープだからすぐ記事にしろ、という議員と、プロパガンダには使われたくないという記者。

2.大学教授(ロバート・レッドフォード)がやる気をなくした学生を呼び出し説教(?)

3.志願兵となった上の教授の教え子が上院議員の作戦の失敗により危機に陥る

1,2は動きがほとんどないほぼ会話のシーン。淡々と進み、淡々と終わる。
途中、上院議員役のトム・クルーズとブッシュ大統領、ライス国務長官とのツーショット写真が登場。テーマ設定もそうだが、半分ノンフィクションのような作り。もし製作中にイラク、アフガニスタンで何か大事件が起こったらどうするんだろう。保険みたいなのにはいってたのかな?

上映時間が短いこともあり、あっけなく終わってしまった感じ。結局何が言いたかったのかよくわからない。アメリカ国民に対する問題提起、ということなのだろうか。興行収入をみると結構なヒットになっているようで意外。

この邦題はちょっと酷いんじゃないかと思う。邦題に惹かれる人が期待する内容ではないだろう。

大いなる陰謀 (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-08-22)
売り上げランキング: 10312

三馬鹿トリオという言葉はおかしい

三馬鹿トリオという言葉はおかしい。

馬鹿トリオの時点で馬鹿が3人。
その頭にさらに「三」をつけてしまったら、

3 x 馬鹿3人 = 馬鹿9人

になってしまうではないか。

別れのとき

なんだかグッとくる名言。
子供の頃、何度か引っ越しをした身には特に。
別れのときには、
あまりいろいろなことを考えてはいけない。
最後にこの風景を刻みつけておこうとか、
ここではあんなことがあったとか、
もう二度とここへ来ることはないのではないかとか、
そういうことを考えはじめるとほんとうにキリがなくて、
足がとまってしまうからだ。

だから、ついにその地を離れるという間際では、
あまりいろいろなことを考えてはいけない。

あえて、慌ただしく立ち去るべきだ。
何気なく、さり気なく、自動改札を抜けるみたいに。
引用元はコチラ

空気(について書かれた本)を読む ~「関係の空気」「場の空気」

「関係の空気」 「場の空気」 (講談社現代新書)
冷泉 彰彦
講談社
売り上げランキング: 14099

空気を読む前に本を読め

空気を読むことを半ば強制される昨今の風潮ですが、そもそも「空気」って何?という方にぜひ読んでみてもらいたいのがこの本。

「関係の空気」と「場の空気」

筆者は、一対一の関係における空気を「関係の空気」、三人以上の場における空気を「場の空気」と定義している。


「関係の空気」

「関係の空気」とは、表面的な会話には出てこないが会話の重要な要素として話し手と聞き手の間で共有されている情報、つまり会話に直接出てこない価値観や過去の経緯など言外の情報である。「関係の空気」とは一対一の関係性そのものであるともいえる。

個別の一対一の会話においては、日本語はこの「関係の空気」を利用することでコミュニケーションの質を確保してきた。

そもそも日本語はコミュニケーションのツールとして、過剰な性能を持っている。

不要な部分をそぎ落とし、省略表現をすることで、豊かなニュアンスを伝える機能。
敬語や、性別の話法などで、関係性の役割を規定し、そこから表現を「外す」ことで多様なニュアンスを付加する機能。

しかし、日本語が本来の性能を発揮するには前提がある。
価値観や常識といった情報、つまり「関係の空気」が話し手と聞き手の間で共有されているという前提である。この前提が崩れたとき、日本語は本来の性能を発揮できなくなり、「日本語の窒息」ともいうべき状況に陥ってしまう。

話が通じない…
会話が途切れる…
ついには一対一の関係が成り立たなくなってしまう…

社会の複雑化と価値観の多様化により「関係の空気」が欠乏し窒息状態に陥っていることこそが、上司と部下、教師と生徒、親と子供などの間のディスコミュニケーションを生み出してしまっている、と筆者は言う。

「場の空気」

対して、「場の空気」はどうか?

「関係の空気」が欠乏しているのに対して「場の空気」はますます猛威を振るっている。

国際関係、少子化、高齢化、年金…。
論点のそれぞれは深刻なのに、激しい対立も無ければ現実的な妥協も無い、それでいてなんとなく何かが決まっていく、あるいは先送りされていく。そこでは「場の空気」がすべてを支配しているといえる。論理や事実ではなく「場の空気」が意思決定の主役になり、またその「場の空気」が風向きの変化によってころころ変わってしまう。

郵政民営化選挙での自民党の圧勝、先の参議院選挙での民主党の大勝などは、まさに「場の空気」が日本を支配していることを示しているだろう。

山本七平は、編集者とトラブルになり「うちの編集部はそんな話を持ち出せる空気じゃありません」と断られたときの経験を元に「場の空気」についてこう書いている。

彼(編集者)はなにやらわからぬ「空気」に、自らの意思決定を拘束されている。いわば彼を支配しているのは、今までの議論の結果出てきた結論ではなく、その「空気」なるものであって、人が空気から逃れられない如く、彼はそれから自由になれない。
したがって、彼が結論を採用する場合も、それは論理的結果としてでなく、「空気」に適合するからである。

採否は「空気」が決める。

したがって「空気だ」と言われて拒否された場合、こちらにはもう反論の方法は無い。人は、空気を相手に議論するわけにはいかないからである。



日本には「抗空気罪」という罪があり、これに反すると最も軽くて「村八分」刑に処される。「空気」とはまことに大きな絶対権をもった妖怪である。

一対一の会話においては必要とされる「空気(関係の空気)」が、三人以上の集団の中(場の空気)では妖怪のようなものになってしまうというのである。

「場の空気」は「関係の空気」と何が違うのか?

そもそも「空気」を作り出すのは、多くの場合は省略表現、指示代名詞、略語、ニックネームなどの「暗号」である。暗号を使った会話には、暗号化と復元をするために必要な暗黙の共通理解があり、暗号化をすることが「共通の理解をもっている」ことの確認になる。一対一の場合は仮に暗号がうまく復元できなくても、相手に聞き返すのはそれほど難しくない。しかし、大勢の集団の中では「暗号」が分からなくて聞き返してしまうような人間には「抗空気罪」が適用されてしまう。
「分からないといけない」という強迫観念、さらには「それが正しい」という強制と「反対するヤツは許さない」という攻撃性まで備えた「空気」が醸成されることになる。
こうなると「場の空気」はある種の権力になる。「空気」が「妖怪」のようにその場を支配し、「空気」に対して人々が抵抗できなくなってしまうのである…。


右派左派などの話ははっきり言って蛇足ですが、「空気」というものを深く解説した良書です。

「関係の空気」 「場の空気」 (講談社現代新書)
冷泉 彰彦
講談社
売り上げランキング: 14099

BRICsの名付け親、ルーパ・プルショサーマン

ルーパ・プルショサーマン(Roopa Purushothaman)

エール大学卒、29歳。
元ゴールドマンサックスの経済アナリスト。
BRICsレポート(2003年10月)の著者。
現在、インド初の全国展開のスーパーマーケット・ビッグバザールの主任研究員を務める。

ビッグバザール

インド初の全国展開のスーパーマーケット。
ウォルマートのような感じ。6年前に1号店を出店、2007年現在、大都市を中心に38店舗。

ムンバイではスラムの真横に出店。ムンバイの人口の55%、650万人以上がスラムで暮らしており、1日1ドル以下の生活費で暮らす人も。

「都市での消費拡大はスラムでこそ起きている。一人ひとりの売上は少ないが、数が膨大なので大きな利益の可能性がある。貧困層から抜け出そうとしている人たちに向けたビジネスは有望。貧しい人たちの中にこそ、成長の大きな可能性が秘められている。」とルーパ・プルショサーマン。

ただし、中間層(年収9万ルピー24万円以上)が増えているといっても、いまだ半数以上は貧困層。ガンジーの教えを再評価する映画がヒットするなど、消費の拡大に違和感を感じている人も多いようだ。ひずみを抱えながら発展しているといった印象。

参考動画:NHKスペシャルインドの衝撃

NHKスペシャルインドの衝撃

久夛良木健は負けたのか? 美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史


最近、めっきり名前を聞かなくなった「プレイステーションの父」久夛良木健。
毀誉褒貶の激しいこの人物に関する本を読んだ。

著者はAV Watchなどでコラムを書かれている西田宗千佳氏。

久多良木氏が一貫して目指していたのは「新しいコンピュータを創ること」。ゲーム機を選んだのは、ゲーム機はほかの製品に比べて桁違いに売れるため、半導体製造においてスケールメリットを享受できるから(1億台売れるのであれば、開発に1,000億円かかっても1台あたりのコストは1,000円)。PS、PS2、PS3と、半導体製造への関わりがどんどん深くなっていったのはSCE(というか久多良木氏本人)の理想を追い求めて行った結果なのだろう。そして、最近のソニーの半導体への消極的な姿勢は、久多良木氏の時代が終ったことを雄弁に語っていると言える。

Cellの開発におけるソニー・東芝・IBMの技術者たちの挑戦(まったく新しいコンピュータアーキテクチャを創る!、四方がホワイトボードに囲まれた部屋でブレスト)などは、エンジニアのはしくれとして非常にうらやましい。強力なリーダーのもとで開発を行うのは大変でもあるし、面白い部分もあるんだろうな、と思う。

PS3の劣勢が続く今読んでて印象的だったのは、セガサターンに対する久多良木氏の評価。セガサターンはもともと3Dの表示能力は低く、完成間近でCPUを増やすことで何とか3D映像を表示させるようにしていた。それに対して久多良木氏、

「後付けで何とかなると思うほうが悪い。性能も良くならず、製造コストも跳ね上がる。ありものの組み合わせでは、いい結果は生まれないのです」


初期のPS3でPS2との互換のためにPS2のCPU(Emotion Engine)を後付けしちゃった人の言葉とは思えない。PS3開発時のゴタゴタ(OSの作り直し、半導体レーザーの量産難航)を読むと、創ろうとしていたものの巨大さがSCEのキャパをオーバーしてしまっていたように感じる。初代PSの開発時に「開発スケジュールの見積もりがうまい」「技術の見極めに天才的なところがある」と評された久多良木氏も、PS、PS2と続いた成功体験によってロマンを追い求めた結果、暴走してしまったのだろうか。

そのほか、「何言ってんだ、と思った」発言(P182)、PSPの□ボタン不具合問題(P253)、フライングディスク問題(P254)などの真相も。

世の中を変える製品を創り出すには、ある種エゴイスティックなリーダーが必要だと思う。スティーブ・ジョブズや宮本茂もきっとそうだろう。強力なキャラクターを持つ久多良木氏が表舞台から姿を消してしまったのは非常に残念。

久多良木健のことが好きな人も嫌いな人も別に興味無い人も、読んでみて損はないと思います。


久多良木健、ロマンの歴史

1975年
電気通信大学卒業。
卒論のテーマは「医療機器へのコンピューターグラフィックスの応用」。
同年、ソニー入社。液晶ディスプレイの研究を手がける。

その後、情報処理技術研究所へ異動。デジタル技術の研究に携わる。スーパーファミコンの音声出力用LSIなどを開発。

1989年10月
ソニーと任天堂、スーパーファミコン用CD-ROMドライブ共同開発スタート。任天堂はスーパーファミコン用外付アダプタとして、ソニーはスーパーファミコン互換一体型機「プレイステーション」として投入するプラン。

1991年6月
シカゴ・CESにて、任天堂、スーパーファミコン用CD-ROMドライブをフィリップスと共同開発すると発表。もともとは任天堂とソニーの共同開発を発表する予定だったが、直前で変更。結局、フィリップスとの共同開発も破談となり、スーパーファミコン用CD-ROMドライブは世に出ず。

1992年6月24日
品川・ソニー本社の経営会議にて、ソニー社長(当時)大賀典雄が家庭用ゲーム機参入を決定。プロジェクト名は「PS-X」。

1993年11月
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)の子会社として、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)設立。

1994年12月3日
プレイステーション発売。

1996年2月9日
スクウェア、「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作をプレイステーションで発売すると発表。

1999年4月1日
久夛良木、SCE社長就任。

2000年3月4日
プレイステーション2発売。

2001年4月
アメリカ・テキサス州オースティンに次世代プレイステーション用プロセッサ「Cell」開発のため「STIデザインセンター」が設立される。STIは、ソニー・東芝・IBMの頭文字をとったもの。

2001年末
ソニー・東芝・IBMがCellを共同開発していると公式に発表。

2002年初頭
PS3用グラフィックチップとしてNVIDIAと「RSX」を共同開発することを社内で決定。
最終的に契約が交わされたのは2004年夏。当初は、PS2と同じく、SCEと東芝が新グラフィックチップ(コードネーム「リアリティ・シンセサイザー」)を開発する予定だった。

2003年4月1日
久夛良木、ソニー本社の執行役員副社長に就任。
ホームエレクトロニクス・ゲーム・半導体部門を統括し、ソニーが出遅れた「薄型ハイビジョンテレビ」「DVDレコーダー」の立て直しを担当。

2003年5月28日
2003年度経営方針説明会にて、「PSX」を発表。

2003年10月28日
久夛良木と中鉢良治(現ソニー社長)が交渉を担当し、韓国・サムスン電子とテレビ向け大型液晶パネル製造で提携。その後、ソニーは2006年に金額ベースでの液晶テレビ世界シェアトップに。ただし、「久夛良木がソニーのテレビ事業を救った」とは必ずしも言い切れず、業界内では中鉢及び2005年にテレビ事業部のトップとなった井原勝美(現ソニー副社長)の手腕を評価する声も。

2004年12月12日
PSP発売。初期モデルの内製化率は50%強。

2005年3月7日
久夛良木、ソニー本社の取締役を退任。

2005年5月16日
アメリカ・ロサンゼルス、ソニー・ピクチャーズ第27ステージにてPS3お披露目。2006年春の発売を予定。

2006年3月15日
PS3の発売を同年11月まで延期すると発表。

2006年5月9日
E3にて価格を発表。
低価格版は499ドル、高価格版は599ドル。

2006年9月22日
東京ゲームショウにて、PS3低価格版を59,800円から49,980円に値下げすると発表。

2006年11月11日
PS3発売。
青色半導体レーザーの開発難航の影響で、初回出荷台数はアメリカ40万台、日本10万台。
ヨーロッパは発売を翌年春に延期することとなった。当初は、日米欧でそれぞれ100万台用意し同時発売する予定であった。

2006年12月1日
久夛良木、SCEの代表取締役社長兼CEOから会長兼CEOに昇格。
後任はSCEアメリカ社長の平井一夫。

2007年2月
ソニー。今後、半導体投資を大幅に削減すると発表。

2007年4月26日
夕方から始まったSCE取締役会で、久夛良木、SCE代表取締役社会長を退任。
深夜プレスリリースで発表される。

シャラマンのハプニングを見た(ネタバレあり)

自殺ムービー。
あえてジャンル分けをするならば、自殺ムービー。ウイルスなのか、テロなのか、植物が毒素を撒き散らしているのか、原因不明のまま、人々がどんどん自殺していく映画。

  • ボールペンを首元にぶっ刺して死亡。
  • ビル建設現場の作業員が次々に飛び降りて死亡。
  • 車で機に追っ込んで死亡。
  • 首つって死亡。
  • 手首切って死亡。
  • 自動芝刈り機をセットしてその前に寝そべって死亡。

…などなど。

ニューヨークで始まり、そのまわりにどんどん広がって行ったところで突然終息。理由は最後まで明らかにされず。ラストはフランスでも同じような現象が起こり始めて終了。

なんじゃそら、というストーリー。

なんかありそうで結局何もないという、シャラマン監督の真骨頂(なのか?)。あまり深く考えずに、さまざまな死にざまを楽しむ映画だと思います。

一番の注目ポイントは、最後、妊娠検査薬の結果が出るのを待っているヒロイン。なんか可愛い。

ハプニング [Blu-ray]
ハプニング [Blu-ray]
posted with amazlet at 09.05.30
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-01-09)
売り上げランキング: 14832

コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組み

若人にピッタリ

書かれているのは、正直、常識というか当り前のこと。
しばらく(ビジネス)メールのやり取りをしていれば、自然に身につくことばかりだとは思うが、これから会社に入る若者にとっては勉強になることも多いだろう。本当にいまさら聞けないようなQ & Aや気の利いた文例・フレーズ集もついてるのはうれしい。

イライラさせない程度の距離感

気になったのは「追伸」。
「追伸で相手との心理的距離を縮める」、というのはどうなんだろうか。自分はどちらかというと営業される側だが、相手のメールに追伸が入ってても別に何とも思わないし、むしろちょっとイラッとする気がする。
「このまえ紹介していただいたラーメン屋行ってみました!」なんて書かれても、「ああそうですか」ぐらいなもんだろう。もちろん、人それぞれだろうが、あまりやりすぎるのはおそらく逆効果。筆者自身も「追伸は毎回入れるべきではない」、「5回に1回ぐらいで」と書いているので、勘違いして毎回毎回追伸を入れて「なんだコイツ」と思われないように。

ビジネスマナーを身につけるたったひとつの冴えたやりかた

どんな世界でも、上達の一番の近道はモノマネ。電話応対でもメールでも何でも、「これは気が利いてる」、「スマートだ」、と思ったワザをどんどん真似していくのが一番です。

クラウドソーシング、とは何ぞや?

クラウドソーシング 世界の隠れた才能をあなたのビジネスに活かす方法
バリー リバート ジョン スペクター
英治出版
売り上げランキング: 9935

クラウドソーシング事例集といった趣。

コミュニティ(4000人!)で本を作ったというだけあって、どこかWikipedia的な印象。一冊の本としての主張やまとまりはあまりない。日本にいるとあまり知らない事例が多いので、そこら辺をつかむのには最適。

ただ、このような事例を集めたものの場合、あえて本にする必要があるのか、と思った。検索やリンクができるweb版のほうが使いやすいように思う。

麺匠呉屋 @ 蒲田 [ラーメン]

蒲田でおいしいラーメンを食べるならココ。麺匠呉屋。

無骨なオヤジとクールビューティーの女将さんの二人で切り盛りされてます。チャーシューもオーダーの度に炙って出すという蒲田らしからぬ丁寧な仕事っぷり。

時間によってメニューが違うので注意が必要。

昼は潮そば。透明なあっさり塩ラーメン。
夜は汐そば。とんこつ + 塩。ちょっとこってり。

個人的には汐そばのほうが好み。スープが最高。

この店はレンゲじゃなくて鉄のスプーンを使っているので、スープを少しづつしか飲めないのが不満。ゴクゴク飲みたいぐらいの美味さなのに…

<住所>
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-21-11

小島武夫の九連宝燈

なんだこれは…!
さすが、小島武夫…!

久しぶりにアカギを読み返したくなってきた(鷲巣の前まで)。


オオカミ少女はいなかった

すでに否定されている、あるいは正しいという証明もないままに既成事実として信じ続けられている「神話」。心理学の世界におけるそのような「神話」を紹介した本。

なかなか読みやすい本だった。

オオカミ少女やサブリミナル効果といった有名な話を例に、残された事実からその疑わしさを示している。明らかに捏造だろう、というような話が、引用に次ぐ引用の結果いつの間にか真実となってしまう。

引用する者、あるいはその読者が、ろくに原典にさかのぼらないのがそもそもの問題だと筆者は主張する。これは心理学に限らずどの分野の学問に対しても言えることだろう。

エピソードによってはところどころに筆者の憶測(~であろう、~のような気がする)が混じっているのは御愛嬌。あくまでも憶測なんだからあとは原典を読んで自分で考えろ、という筆者の隠されたメッセージだろうか。

オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険
鈴木 光太郎
新曜社
売り上げランキング: 13519

http://www.bk1.jp/product/03025628