2011年9月10日

よく使うGmailショートカット:未読を選択->既読にする

個人的によく使うGmailのショートカットをメモ。

未読を選択:* -> u
既読にする:shift + i

Gmailショートカット一覧

2011年8月20日

家具の転倒防止に「ふんばりくん」

地震こわいよ

最近また東京でも体に感じる地震が増えてきた。怖い。非常に怖い。

何が怖いかというと、本棚。幅はないけど高さがある、ウチの本棚。3.11のときは完全に倒れてた、愛しの本棚。

狭い我が家では、本棚の横(下?)で寝るしかないので、眠ってるときに大きい地震がきたらヤバいです。これはヤバいですよ。

まかせたよ、ふんばりくん

ということで、「ふんばりくん」を買ってみた。こいつです。

ふんばりくんシリーズ Zタイプ 609539
新工精機
売り上げランキング: 776
転倒防止器具はいろいろ出てるけど、肝心の棒の部分が細いのが多くてイマイチ信用出来ない。その点、「ふんばりくん」はその名の通り軟弱の棒ではなくジャッキみたいなボディでがっちり踏ん張ってくれる。取り付けてみると、かなりの安定感。ちょっと揺らしたぐらいではびくともしない。

そろそろ大きい地震が来るんじゃないかと不安に思っている方も、そうでない方もぜひ。備えておいて損はないですよ。

2011年5月3日

ビンラディンがアメリカに殺された翌日

ビンラディンがアメリカに殺された翌日の東京は寒かった。
ビンラディンがアメリカに殺された翌日、東京には雨が降っていた。


ビンラディンをアメリカが殺す瞬間を、
アメリカの偉い人たちが小さい部屋で眺めていた。

ビンラディンをアメリカが殺したことを知った人たちが、
ホワイトハウスの周りで叫んだ。


2つのビルを2つの飛行機が粉々にした瞬間に始まった世界は、
ビンラディンがアメリカに殺されても、きっと変わらない。

2つのビルを2つの飛行機が粉々にした場所から1万キロメートル離れたところにいた僕の世界は、
2つのビルを2つの飛行機が粉々にした瞬間に変わってしまった気がしていたのだけど、
ビンラディンがアメリカに殺された場所から1万キロメートル離れたところにいる僕の世界は、
ビンラディンがアメリカに殺されても、きっと変わらない気がする。

2つのビルを2つの飛行機が粉々にした場所から1万キロメートル離れたところにいた僕の世界は、
2つのビルを2つの飛行機が粉々にした瞬間に変わってしまった気がしていたのだけど、
ビンラディンをアメリカが殺す瞬間をアメリカの偉い人たちが眺めていた場所から1万キロメートル離れたところにいる僕の世界は、
ビンラディンがアメリカに殺されても、きっと変わらない気がする。


2つのビルを2つの飛行機が粉々にした瞬間に、世界は変わった。
ビンラディンがアメリカに殺されても、世界はそのままだ。
ホワイトハウスの周りで、誰が何を叫ぼうが、世界はそのままだ。


ビンラディンがアメリカに殺された翌日、
東京は寒くて、雨が降っていたけど、世界はそのままだ。

2011年3月10日

プレミアムなEvernoteのために iPhone App "FastEver Snap"を買ってみた

ScanSnapのおかげで得たEvernoteのプレミアムアカウント。普通に使ってる限りは無限とも思える、月のアップロード容量1GB。普通に使ってたら余りまくるので、写真でも大量に放り込んでみようかな、ということで、FastEver Snapを買ってみた。ScanSnapとScanつながりでもあるし。

惜しい。これは惜しい!
一言でいうならば、惜しい!

このFastEver Snap、簡単に説明すると、サッと写真が撮れてサクッとEvernoteにアップできるアプリ。

普通にやると最大解像度のままアップされてしまうところを小さいサイズに自動でリサイズしてくれるのも売りのひとつ。無限(のような)容量を手に入れた今となっては、大きいサイズでもいいっちゃいいんだけど、最大解像度のままだとMacのクライアントで見にくくてイヤなので、自動リサイズ機能は非常にうれしい。ちなみに、カメラロールには縮小されてない元のサイズで保存するように設定することもできるので安心。

…という感じで、かゆいところに手の届く非常によいアプリなんです。

が、惜しい!

何が惜しいかというと、カメラロールに保存された画像のジオタグ(GPS情報)。カメラロールに縮小されてない元のサイズで保存されるのはいいんだけど、その写真にジオタグが付与されていない。

これは痛い。個人的に非常に痛い。

ワタクシ、写真をPicasaで管理しておるのです。Windows時代から、特に意味はないけどPicasaをずっと使っておるのです。Picasaでは、というかiPhotoでもiPhoneの写真アプリでも出来るんだけど、ジオタグをもとに写真を地図上に表示することが出来るわけであります。

ワタクシ、それが好きなんです。地図の至る所に自分が撮った写真が並んでるとうれしくなるのであります。特に写真が好き、というわけではないけど、海外に行ったときなんかは意味もなく至る所で写真を撮って、世界地図の至る所に爪痕を残しておるのです。

なのに、このFastEver Snapで撮ってカメラロールに保存された写真にはジオタグが付いていない。これは悲しい。そして惜しい。

ちなみに、Evernoteにアップされた写真も、写真自体にジオタグが付いているわけではなく、ジオタグが付いているのはあくまでもノート。

Evernoteで写真も何もかもすべてを管理するようにすれば問題はないのかもしれない。その域に達していない人にとっては、すべての写真をFastEver Snapで撮るというのは現実的ではないように思う。標準カメラに取って代わるものではない。

あくまでもちょっとしたメモを残す時など、用途に応じて使う分には素晴らしいアプリだと思います。

EVERNOTEでビジネスを加速する方法EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)EVERNOTE 基本ワザ&便利ワザできるポケット+ Evernote 活用編

2011年3月9日

”ScanSnap S1100 キャンペーン”でEvernoteプレミアム会員(1年分)が当選!

ありがとう、ScanSnap!

忙しくて書いてなかったような気がするけど、買ったんです。去年の年末に。コレを。

FUJITSU ScanSnap S1100 FI-S1100

ScanSnapです。
小さいけどニクいヤツ、ScanSnap S1100です。(買ったのはApple Storeモデルの白いの)

使い心地なんかはそのうち書くとして、今回はScanSnapがもたらしてくれた小さな幸せについて書きたいと思う。

今日、家に帰ったらポストに謎の封筒が入ってた。差出人は「株式会社PFU」。正直、知らない。とりあえず開けてみると、「"ScanSnap S1100 新発売キャンペーン" プレゼントご当選通知」の文字!

厳正なる抽選の結果、プレゼントに当選したので「Evernoteプレミアム会員(1年間)」クーポン券を贈呈、とのこと。中にクーポンコードが書かれた小さいカードみたいなのが一緒に入ってた。

イマイチ覚えてないが、ScanSnapを買ったときにやってたキャンペーンに応募してて、当選したみたいだ。

ちなみにこのキャンペーン → http://scansnap.fujitsu.com/jp/campaign/s1100.html(もう終わってます)。

1100名に当たるB賞の「Evernote プレミアム会員(1年間利用権)」が当たった様子。1100名という結構な大人数なので、当選確率はだいぶ高かったと思われる。が、$5/月または$45/年という「Evernote プレミアム会員(1年間利用権)」は結構うれしい。A賞の「iPad」10名様じゃなくて、当たりやすそうな方を選んでよかった。

ありがとう、ScanSnap!
応募してたことはすっかり忘れてたけど、ありがとう、ScanSnap!

今もキャンペーンはやってるみたいだけど(http://scansnap.fujitsu.com/jp/campaign/digital.html)、「GALAPAGOS」(EB-W51GJ-S) もしくは 「Reader」(PRS-650)で合計20名とのことで、Evernoteコースは無くなった模様。ScanSnapユーザーとEvernoteユーザーはかなりかぶってそうなので、Evernoteコースも残しとけばよかったのに…。応募人数が少なかったのかな?

Evernote プレミアム会員のプレミアムっぷり

で、その「Evernote プレミアム会員」。どれくらいのプレミアムっぷりかというと、1ヶ月にアップロードできる容量が60MB→1GB。

1GB!!
スタンダードアカウントの16.66666…倍!!

こりゃもうよっぽど気合いを入れないと使い切れませんよ。結構大きめのpdfなんかもどんどん放り込んでいけちゃいますよ。iPhoneで撮った写真をでかいサイズのまま送ってもへっちゃらですよ。

おそらく使い切れないであろう容量。容量を気にする必要が無くなったということです。Evernoteとのつきあい方が結構変わりそうな予感。

プレミアムアカウントの詳細はこちら→http://www.evernote.com/about/intl/jp/premium/

地味にうれしいのが「オフラインノートブック機能(iPhone/iPad/iPod/Android)」。iPhoneで開くと読み込みにイラッとさせられることが結構あっただけに期待大(まだ試してません)。

プレミアムなEvernoteライフの模様はまたそのうちに。

EVERNOTEでビジネスを加速する方法EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)EVERNOTE 基本ワザ&便利ワザできるポケット+ Evernote 活用編